乾燥敏感肌とは?

乾燥敏感肌

乾燥肌というのは、肌の水分が失われた状態であり、皮膚の表面はややごわごわ、そして肌の潤いがなくなります。またそれにより、肌の表面の弾力が失われます。

 

敏感肌というのは、肌がデリケートな状態になっていて非常に傷つきやすい肌をさします。この二つを総合した肌が乾燥敏感肌と言い、乾燥があるから敏感にもなるという悪循環を持っています。

 

肌というのは、もともとバリア機能といって自分で肌を守る機能があります。しかしながら乾燥肌であると肌のバリア機能が低下し、その結果、肌はデリケートな敏感肌になり乾燥敏感肌という状態になってしまいます。

 

まず肌の乾燥の原因は、外気の環境の影響があります。特に冬の時期などは湿度が少ないために保湿を心掛けなくては肌表面の水分は失われてしまいます。

 

乾燥敏感肌のスキンケア

また適切な洗顔を使用していないということも理由の一つです。肌は皮脂の分泌を常に行っていますが、この皮脂をコントロールするということは過度の乾燥を予防するために重要です。

 

皮脂を落とし過ぎると、乾燥が進んでしまうために、適度に汚れや皮脂を落とすくらいの洗顔を利用するべきです。

 

また洗顔の後には、保湿剤を付けることが大切です。なぜなら私たちの身体は加齢とともに水分が失われていき、どんどん乾燥化が進みます。それを少しでも予防するためには、外から湿度を補ってあげるしかないのです。

 

このように肌の乾燥に注意することで敏感肌も改善できるという作用もあります。乾燥敏感肌は複雑ですが、きちんとお手入れをすることによって改善させることが可能です。

 

乾燥敏感肌に使えるセシュレルの詳しい情報はこちら