セシュレル VS サエル

女性

セシュレルと同様、乾燥肌・敏感肌用の美白クリームとして人気が高いのがサエルです。

 

サエルも様々なメディア雑誌に取り上げられ、もう試したことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そこで、セシュレルとサエルはどんな違いがあるのか調査してみました。

 

セシュレル

サエル

効果・効能

美白・アンチエイジング・保湿

シミ・くすみ・保湿

お試し価格

980円(7日間)

1,480円(10日間)

無添加

6種

2種

返金保証制度

-

30日間

ナノ化

サプリメント

あり

なし

特徴

化粧水、美容液、美白クリームの3点

美白クリームとサプリメント

 

成分

今回セシュレルとサエルを比較して驚いたのが配合成分の違いでした。

 

二つとも乾燥肌、敏感肌用の化粧品でありながら全く違う成分が配合されていました。

 

セシュレル

トラネキサム酸、タイムエキス-1、プルーン発酵分解物、ユキノシタエキス、ビサボロール、アルピニアカツマダイ種子エキス、油溶性甘草エキス、セラミド-3、セラミド-6、セラミド-2、スクラワンエキス、シュガースクラワン、植物エキス32種

 

サエル

ビタミンC誘導体、エスクレシド、アルブチン、デイリリー花醗酵液、セラミドナノスフィア(ヒト型セラミド)、ユウキエキス、セラニウム、ローズ、ローズマリー

 

女性

この二つを比較すると、セシュレルは植物由来の美肌成分を豊富に配合しているのが特徴で、サエルは美白に有名なビタミンC誘導体等を配合しています。

 

セシュレルは徹底的に乾燥敏感肌にこだわった美白クリーム。肌に優しい植物由来成分をたくさん使うことで肌への刺激を徹底して少なくし、超低刺激美白クリームとして使えるのがわかります。

 

また無添加もセシュレルは6種、サエルは2種と敏感肌への配慮にも違いがあると言えそうですね。

 

その他、セシュレルはウメ果実エキスとアーティチョークエキスの2つの成分が配合され、肌のハリの低下を防ぎ、透明感ある肌、そして健康な肌サイクルをサポートするので5年後、10年後の肌のことを考えた美白クリームとしても使えます。

 

女性

サエルは30日間の返金保証制度がついているので、実際に使って肌に合わなければ返金してもらいたい!という方はサエル派ですが、より敏感乾燥肌で悩んでいて、美白と同時にアンチエイジングにも力を入れたいといった方はセシュレル派と言えそうです。

 

この二つどちらにしようか迷ったらこういった点を比較してみてくださいね!

 

 

セシュレルのお試しモニターはこちら↓

バナー7

 

 

 

サエルのお試しモニターはこちら↓

【通常使用】サエルトライアルセット