肌の保湿が重要な理由

肌の保湿

肌が潤いを失うことは乾燥肌や敏感肌の大きな理由になります。これらが引き起こす肌荒れは女性にとって大きな悩みの種になっていますよね。

 

そこで大切になるのが肌の保湿ですが、保湿してもすぐに肌が乾燥してしまうという方は多いのではないでしょうか?その場合、保湿の方法を間違えている可能性があります。

 

肌の保湿は「化粧水などで肌の表面を濡らすことである」と考えている女性もいらっしゃいいますが、それは正解ではありません。大切なのは肌の奥に水分を浸透させること、そしてその水分が蒸発しないようにすることの2つです。

 

肌が水分を必要としている部分は、表面以上に角質層という下の部分です。そこは肌を潤すための水分を維持するとても大切な役割をもっています。

 

この部分を構成するのが、セラミドや天然保湿成分という成分です。これらは化粧水に含まれている成分です。つまり化粧水はこの角質層という部分に水分を届けることが役割なんです。

 

そのことを意識したうえで、やみくもに肌を濡らすだけではなく、肌の奥に浸透させるようなイメージで化粧水を使いましょう。そして、最も大切なことは、お肌が本来もっている保湿効果を回復し、維持することです。

 

そのためには、肌が含んでいる皮脂や天然保湿成分などを守ることが重要ですが、自分の手でその大切な成分を無くしてしまっている場合があります。

 

多くの女性は化粧や顔の汚れを気にして、つい肌を必要以上に洗ったり、つよくこすりすぎてしまいます。しかし、それによって、肌の天然保湿成分が失われてしまうのです。

 

化粧水などでお肌に適切な水分を補給することも大事ですが、自分でお肌を傷つけない洗顔を心がけてくださいね。

 

保湿を補い、維持するセシュレルのもっと詳しい情報はこちら