どうして敏感肌が普通の化粧品を使うと肌が荒れるの?

敏感肌

敏感肌の人の場合、化粧品選びにも慎重になることがあります。場合によっては乾燥肌のために保湿力の高い化粧品を数種類使い分けてみたが、却って肌荒れがひどくなるというケースもあります。

 

なぜ、敏感肌の人は、化粧品が合わないということが起こるのでしょうか?

化粧品に入っているこんなものが原因

女性ならパッケージがきれいで、香りのいい化粧品に魅力を感じることも多いです。見た目にもきれいな化粧品は、毎日の化粧タイムに使用することで、気持ちもワクワクさせてくれる魅力的な存在です。

 

しかし、その一見おしゃれに見える化粧品そのものが、敏感肌を悪化させてしまう原因かもしれません。

 

防腐剤防腐剤は、化粧品の質が悪化するのを防いでくれる成分ですのが、中には、敏感肌にトラブルを起こしやすい防腐剤もあります。そのため、日頃から使用する化粧品にどんな防腐剤が使用されているかをしっかりと確認することが大切です。

 

主に、トリエタノールアミン(TEA)やジエタノールアミン(DEA)は、防腐剤として利用されやすいのですが、乾燥肌が気になる人は、避けるべき成分です。

 

香料化粧品をつけたときにほのかに香る香料は、多くの女性に好まれる成分ですが、肌へのダメージが非常に強いため、敏感肌の人は避けるべき成分です。

 

実際化粧品の成分表示としては、具体的な名称よりも単に「香料」としての表記がほとんどですので、可能であれば、香料という表記がまったくない化粧品を選ぶことが望ましいです。

 

化粧品をきれいに見せる合成着色料多くの女性が好む薄ピンクの化粧品は、毎日使い続ける上でも心がワクワクするものですが、敏感肌に悩まされる女性なら、絶対避けるべき成分です。

 

特にFD&CやD&Cと表示されている合成着色料は、肌への刺激が強いので、化粧品を購入する前にはしっかりと表示の確認をしてください。

 

バリア機能が弱い敏感肌の人は化粧品の成分の影響をモロに受けやすいです。そのため成分はしっかりと見極めて選ぶ必要があります。

 

セシュレルは乾燥敏感肌の方のためにある肌に安全な美白クリームなので安心して使ってくださいね。

 

乾燥敏感肌用セシュレルのもっと詳しい情報はこちら