乾燥敏感肌の場合どんな化粧品を選べばいい?

乾燥敏感肌の方は自分の肌に合っている化粧品を使わないと肌にヒリヒリ感やかゆみを感じてしまいます。

 

これは肌の水分量や皮脂の低下によって肌が乾燥し、肌のバリア機能が低下しているから。様々な刺激が肌内部に直接届いてしまうため、肌が痛みを伴ってしまいます。

 

肌のバリア機能とは肌の皮脂と水分量のベストバランスが取れている時、肌を内外から守る働きをします。

 

乾燥敏感肌の方は角質層の水分量が少ないのが特徴です。角質層の水分のうち半分はセラミドなどの角質細胞間脂質です。

 

したがって保湿がしっかりとしているセラミド配合化粧品を使うと敏感肌を繰り返さない肌になります。

 

セラミドの中でもセラミド-1、セラミド-2、セラミド-3などセラミドの後に数字がついているものほど肌に優しく、理想的です。

 

化学成分が入っているものや、肌に刺激を与えるかもしれない防腐剤や添加物が配合されているものは使用しないようにしましょう。

 

セシュレルの場合、このセラミドを外からも、モイスティンのサプリメントで内側からもケアできるのが最大の特徴です。

 

そのため外側からセラミドを足すだけの時と比較し早く肌のバリア機能を強く回復させることができます。

 

乾燥敏感肌の場合外からの刺激を受けやすいため回復が弱まればそれだけ紫外線などの影響も受けやすくなります。

 

シミやシワ、美白を取り返したい場合はセシュレルを使って早めの回復が吉です。