セシュレルはニキビやニキビ跡に使える?

ニキビ肌

セシュレルを使う時に気になるのが、ニキビができてしまっている肌に使っても大丈夫?ということ。

 

また、ニキビで赤みを帯びてしまった肌でも美白は期待できるのでしょうか?

 

セシュレルの配合成分を見ると、トラネキサム酸、ヒアルロン酸、セラミド、油溶性甘草エキス、プルーン発酵エキス、植物エキスが全32種類等配合されています。

 

美白効果や保湿効果の高い成分が配合されているので、失われた肌の弾力性と保水力をとりもどして肌バリアを高めることができます。

 

「強い肌にしてくれる」のは頼もしいですね。

 

ただ、ニキビ跡とシミは全然違うものです。

 

ニキビを綺麗にするためには

 

肌のターンオーバーを正常化し、皮膚の生まれ変わりを促す成分が配合されている

ニキビを予防し、炎症を抑える成分が配合されている

 

ことが大切です。

 

P

セシュレルはもともとニキビケアのために開発された美白クリームではありません。

 

シミやそばかすには効果的に働きますが、シミやそばかすとは異なるニキビ跡を綺麗にする効果はそれほど強くはありません。

 

ニキビ跡を綺麗にするためには、「ニキビ専用の化粧水や美容液」を使う必要があります。

 

では、すでにニキビができてしまっている肌に使うのはどうでしょうか?

 

P

セシュレルは乾燥敏感肌用に作られたこれ以上はないというくらい肌に優しい成分でできています。

 

もちろん無添加でできているので、ニキビが出来てしまっている肌にも使うことはできます。

 

セシュレルはニキビが出来ていても使うことはできるけど、ニキビやニキビ跡を綺麗にするためには使えない。

 

ということになります。

 

化粧水はニキビケア用を、シミやそばかすを取り除くためにその次にセシュレルを使うようにすればニキビとシミ、そばかす両方をケアできます。

 

⇒セシュレルをもっと詳しく知りたいならこちら

 

 

セシュレルを980円で試すなら↓↓

http://www.real-beautycare.com

▲△口コミでも高評価△▲