アトピー肌にも使える?

アトピー肌

アトピーの場合肌の黒ずみや色素沈着に悩むこともありますよね。アトピーだからこそ肌をより綺麗にしたい、モデルのような綺麗な美白美肌にしたいと思うものです。

 

アトピーデリケートな肌だからこそ使う化粧品の成分には気を付けないといけません。では顔にアトピーができてしまっている場合、セシュレルは使うことができるでしょうか?

アトピー肌が美白化粧品を選ぶ時のポイント

アトピー肌

アトピー肌は極度の乾燥肌です。なので肌のバリア機能も失われているため掻きむしった後の傷が外部からの刺激を直に受けやすい状態になっています。

 

とくに紫外線の影響でシミや黒ずみなどの色素沈着が置きやすく、普通の人よりもシミができやすいのが特徴です。

 

またバリア機能が弱いため普通の美白化粧品を使用しても有効成分が上手に浸透できず効果が得られないことがあります。

 

そのためアトピー肌の人が美白化粧品を選ぶ場合は本来の肌のバリア機能を回復させ、さらに美白成分が上手に浸透していける成分が配合されているものを選ぶ必要があります。

 

セシュレルがアトピー肌でも使えるか成分をチェック

セシュレルがアトピー肌でも安心して塗布することができるか成分を見たところ、セシュレルは「セラミド」が配合された美白クリームでセラミドで肌に潤いを与えキメを整えながら肌バリア機能を高めていくことができます。

 

また香料や合成着色料といった肌に刺激を与えるものは一切配合せず、他の美白クリームと比較しても比べ物にならないくらい低刺性成分でできていることがわかりました。

 

セシュレルはアトピー肌でも安心して使える美白クリームとも言えますね。

 

また、セシュレルは皮膚科医の意見も取り混ぜて作られているのでアレルギーがある人にとっても肌に優しい成分でできています

アトピー肌でセシュレルを使った人の口コミは?

実際にアトピー肌の方がセシュレルを使ってから「痒みもないし、肌になじむ」「薬を塗ってからセシュレルを塗ったら浸透力のすごさに驚いた」と口コミされる方もいらっしゃいます。

 

ですが、アトピー肌の方の場合、肌が刺激から敏感になっているのでセシュレルであっても肌に変化が出てしまう可能性はあります。

 

なので、心配な方はセシュレルを使う前に一度パッチテストを行ったり、少量使ってから顔に使用してくださいね。

 

セシュレルは安全性が高い美白クリームですが、「誰が使っても絶対に大丈夫」とは言い切れないので今皮膚科に通われている場合は、担当の医師に相談してから使うようにしてください。

アトピー肌がシミを作らないようにするには

アトピー肌の場合、アトピーが痒くて強く掻いてしまうと色素沈着がおこりシミの原因となってしまうので、できるだけ掻かないようにすることがポイントです。

 

また紫外線は1年中降り注いでいるので紫外線を浴びないように日焼け止めクリームを塗って紫外線の影響を肌に受けないようにしましょう。

 

薬とセシュレルを使った上手にバリア機能が強い健康肌を目指し、美肌を手に入れてくださいね。

 

⇒セシュレルの口コミはこちら