セシュレルの成分について

女性の肌

セシュレルを使う時に気になるのが成分ですよね。敏感肌に使うものだからこそ、成分をしっりとチェックして肌に刺激を与えるものはないか調べてから購入する必要があります。

 

そこでセシュレルの全配合成分を調査しました。

 

有効成分:トラネキサム酸・グリチルレチン酸ステアリル
その他の成分:
ローズ水、精製水、BG、シュガースクワラン、オクタン酸セチル、エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ステアリン酸POEソルビタン、グリセリルグルコシド液、ジメチコン、ステアリン酸ポリグリセリル、アルピニアカツマダイ種子エキス、ステアリン酸、パルミチン酸セチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、水添大豆リン脂質、SEステアリン酸グリセリル、ペンタステアリン酸デカグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル、カルボキシビニルポリマー、ステアロイル乳酸Na、天然ビタミンE、スクレロチウムガム、イソステアリン酸フィトステリル、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水酸化K、油溶性甘草エキス(2)、ビサボロール、N−ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、タイムエキス−1、プルーン酵素分解物、ウメ果実エキス、キウイエキス、ユキノシタエキス、アーティチョークエキス、1,2−ペンタンジオール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリルエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

 

まずセシュレルの有効成分にはトラネキサム酸、グリチルリチン酸ステアリルが配合されています。

 

トラネキサム酸はアミノ酸の一種でシミの原因となるプロスタグランジンの働きを抑えてメラニンの生成を抑制、炎症を抑えてシミやそばかすを予防します。

 

トラネキサム酸は肌に優しい成分で副作用の心配はありません。

 

グリチルレチン酸ステアリルは炎症を起こしているニキビに効果的な成分です。炎症を抑える効果が高いので紫外線で肌に受けたダメージの炎症を抑える働きがあります。

 

またグリチルレチン酸ステアリルは天然植物由来なので副作用の心配をせずに使うことができます。

 

その他の成分を見ても、肌に刺激を与え荒れてしまうような刺激性の成分は配合されていないことがわかりました。セシュレルは敏感肌の方のためにできた美白クリームだからそんな成分が使われているはずがないんですよね。

 

セシュレルに配合されている成分は安全?と思った方は安心してくださいね。セシュレルは安全性が非常に高い美白クリームです。

 

 

セシュレルのもっと詳しい情報はこちら